女子トイレ,おしっこ,お漏らし

女子トイレ争奪戦シリーズ

女子トイレ争奪戦〜合宿での極限我慢とお漏らし〜

やっばい!寝坊した!!
梓の所属するサークルでは明日から合宿だ。
きっと練習は厳しんだろうなと思いつつ、ワクワクした気持ちを抑えきれずにベットに入った。
目覚まし時計の設定時間を誤り、起きた時間は本来は家を出る予定だった時間の10分前。
梓は慌てて飛び起きると、最低限の準備をして1杯の水だけ飲んで、合宿の荷物を持って家を飛び出した。

そこから3時間後。11時。
梓はバスの中にいた。
その後学校には集合時間ギリギリに間に合い、点呼を取りすぐにバスに乗り込んだ。
今のところ渋滞はなく、順調に進んでいるが、梓の表情は晴れない。
「あずー、どうかした?」
隣の有希が笑顔で声をかけてくる。
「ううん!大丈夫!ちょっと酔いそうで不安だなって思って!」
空元気で答える梓。
梓は実はこの時、尿意に苦しめられていた。

梓は今日は朝寝坊をしてしまった関係で、いつも必ず出来ている朝のおしっこを
することないままバスに乗り込んでしまったのだ。
学校に着いてからも、トイレに寄る時間もなくそのままバスが出発してしまったため、
昨日の夜の12時過ぎから約11時間分のおしっこが貯められていた。
まだもじもじすることなく耐えられているが、そろそろきつくなってきた。
梓の孤独な戦いが今始まった。

12時。バスがそろそろ合宿所に到着するとアナウンスが流れる。
ふと隣を見ると、有希は眠ってしまったようだ。
今の席順は梓が窓際、有希が通路側。
つまり有希が起きてくれないと梓はスムーズに降りることができない。
慌てた梓はアナウンスを聞くや否や、有希を揺する。
「有希っ!起きて!もう着くよ!」
「んっおはよ〜」
有希がのんきな声を上げる。
梓は既にかなり切羽詰っていた。強く足を組みながら荷物をまとめる。
時折体を揺すりながら、険しい顔で荷物をまとめる梓を見ながら有希はそっと問いかける。
「あず、もしかしてトイレ行きたい?」
「えっ…うん。ちょっとしたい。」
梓が恥ずかしそうに答える。
「そっか。もう少しだから頑張れ!ごめんね寝ちゃってて…」
「ううん、全然大丈夫!」
「なんか出来ることある?」
有希は本気で心配そうに梓を覗き込んでくる。
「えっ今の所大丈夫だよ!ありがとね。」
有希は妹キャラだよなー。あたしもあのぐらい可愛くなりたい…
そんなことを考えていると、バスがいよいよ到着した。

バスが止まると同時にもう席を立ちたい梓だったが、
キャプテンの凛からアナウンスがあるようだ。
今年から新しい宿舎を使うために、迷惑をかけないように気をつけること
大きな荷物も含め荷物を全て持った状態で宿舎に向かうこと
などの注意事項が一通り伝えられた。

そんなことは少しも聞いていない梓。
早くおしっこがしたい。
本当に急がないと漏れてしまう。

有希もそんな梓の様子をハラハラしながら見つめていた。

「はい、じゃあ前の人から降りてー」
凛の話が終わり、前の人から順番に降り始める。
梓と有希はバスの真ん中あたりに座っていた。
気がついたら有希が梓の手を握りしめてくれている。
梓はそっと左手で有希の手を握り返すと、右手でそっと股間を押さえた。

ようやく梓たちが降りる順番がきた。
前に座っていた子たちはもう大きな荷物を持って、宿舎の方に向かって歩き出している。
このままではトイレが混雑してしまうと慌てた梓はバスを降りるや否や荷物も持たずに宿舎に向かって
歩き始めた。

「あず!!荷物!!」
凛が声をかけてくる。

「あ…凛ごめん。あたしもうちょっとおトイレが…」
股間から手が離せない状態で梓は凛に自分のピンチを伝える。

「あ、ごめん!あたしあずの分も持ってくから先行っちゃって大丈夫!」
凛が快く許可を出してくれる。
「ありがとう…ごめんね!」
梓はお礼を伝えると、早足で宿舎に向かって歩き出した。

わずか徒歩3分。
その距離が梓にはとても長く感じた。
あそこを抑えたり、急に足をクロスして耐えたり。
梓の昨日の夜から溜まっているおしっこはもう待ってくれそうになかった。

ようやく宿舎に着いた時には、梓の真っ白な下着は黄色く染まりつつあった。
頭上の案内を見て梓はトイレを探す。
慣れない宿舎でどこにあるかがわからない。
焦る梓。そんな時に助け舟がきた。
「あず!こっちこっち!」
息を切らした有希が大きな荷物を持ったまま走ってくる。
「トイレこっちだって。一ヶ所しかないみたいだから早く!」
有希が手を引いてくれる。
梓は付いて行くのに精一杯だ。

ようやく着いたトイレ。
古臭い、しかし清潔感のあるトイレだった。

男子用のトイレを通り過ぎ、女子トイレに駆け込む二人。
個室は2つしかなく、あいにく2つとも使用中だった。

使用中の個室を見て梓は力が抜けかける。
それを察した有希は梓の手を握りながら、個室のドアをノックしてくれる。
コンコンコンー。
「ごめんねー。ちょっとトイレ行きたくて。急いでもらえるかなー?」
「あっ!すみませんすぐ出ます!」

その直後にザーーーっと水を流す音が聞こえて、1年生の未来が出てくる。
「未来ちゃん急いでくれてありがとう!ほらあず早く!」
梓はその言葉を待つまでもなく、未来を押しのけるように個室に入り、
制服のスカートを捲り上げ、黄色く濡れた下着を下ろすと同時に和式便器にしゃがみ込む。
シャーーーーーーーーーージョボジョボジョボ。
梓の元気のいいおしっこが女子トイレの中に響く。
音消しなんてする余裕がない梓のおしっこは50秒ほど続き、ようやく終わった。

そこから2分ほど、念入りに後始末を済ませた梓が恥ずかしそうに出てくる。
隣を見ると隣の個室も空いており、トイレの中にいるのは有希だけだった。
「有希、さっきはありがとう。おかげで間に合ったよ…」
「よかったぁ!!」
可愛い満面の笑みの有希。
「あたしもおしっこしてきていい?」
なぜか有希は問いかけてくる。
「うん?もちろん!」
梓は笑顔で答える。
「ちょっとこれ持っててー。」
有希は大きな荷物を持っていたため、和式のトイレでおしっこができずに梓が終わるのを待っていたようだった。
「うん了解!じゃ外で待ってるね!」
梓は有希から荷物を受け取ると、女子トイレの外で待っていた。
外で待っていると、荷物を運んだ女の子たちが続々と女子トイレにやってくる。
あっという間にトイレ内に列ができると、トイレの外にも数人が並ぶ大混雑になった。

数分後。
有希がすこし晴れやかな顔で出てくると荷物を渡す。
「実はあたしもけっこうしたくて!あずがトイレって言ってくれたから一緒に行けてよかったよ!
この列に並ぶって考えたらもう…」
有希はまたキラキラした笑顔でそう言うとふたりは梓の荷物を探すためにロビーへと向かった。
梓と有希は無事におしっこをすませることができたが、本当の我慢大会はここからだった。

次の日ー。
午前中のテニスコートには活気のある声が響いていた。
天気は灼熱。じりじりと肌が焼かれるのがわかる。
こんな天気だと水を飲むスピードも上がる。
双葉はすでにペットボトルを2本空にしていた。
それでもまだ喉が乾く。
「もうすぐお昼ご飯だけど、もうちょっと飲んじゃおうかな」
双葉は3本目のペットボトルに手を伸ばすのだった。

「集合!」
凛の声が響く。
双葉たち1年生は一番に集まる。
これで午前の練習が終わる。この後の流れについて凛から説明があるが、
双葉はひとつ不安なことがあった。

合宿はタイトなスケジュールだ。
1年生は食事当番を順番に回す。
双葉は今日の昼食が当番だった。
当番は原則、練習が終了後すぐに食堂に行き、準備をして先輩を呼びに行く。
「当番の前におトイレいけるかな?」
双葉は午前の練習が終わる少し前からトイレに行きたかった。
練習場にも一応はトイレがあるが、仮設トイレ。
しかもポットンのため音消しの水も流せない。
双葉はそこそこの尿意を感じていたが、そんな悪条件のトイレで済ませたいと思うほどは切迫していなかった。

他の1年生の当番の子と一緒に宿舎に戻る。
徒歩5分ほど。双葉は結構な尿意を我慢していたが、一緒に歩く子に悟られないあたり育ちの良さがうかがえる。

着いたらすぐに当番の仕事が始まる。
水を注ぎ、食器を並べる。
簡単なことだが数人の1年生だけで、全メンバー分をやるのは少し時間がかかった。
ようやく準備が整った時には上級生たちはもう食堂の外に列をつくっていた。

「準備終わりましたー!」
双葉が声をかけると多くの上級生が食堂に入ってくる。
やはりサークルといっても厳しい練習をするメンバーが揃っているからか、
時間はみんな守っている。
双葉は準備の最中にかなり尿意が強くなっていたが、自分のおしっこのためにみんなの食事を遅らせることは恥ずかしすぎて申告できず、そのまま席に着いた。

食事が始まる。
双葉は練習で体は疲れているにもかかわらず、食欲がなかった。
今日のお昼ご飯は冷やし中華。
食べることで少なからず水分を取ってしまう。
もう限界ギリギリまでおしっこをためている双葉にとっては、これ以上の水分摂取は命取りになりかねなかった。

もじもじと腰を揺すりながら、ただここで昼ご飯を食べておかないと午後の練習に響くことも分かっているため
、必死になって箸を進める。
右手で箸を持ち、左手であそこを抑える。
育ちがいいはずの双葉がやるにはとても恥ずかしすぎる格好だった。
そんな双葉の異変に、隣の真衣が気づく。
「双葉?トイレ?」
真衣は食事当番じゃなかったから先ほど練習が終わった後にトイレに向かっていた。
ただ、練習後におしっこがしたくなるのは真衣だけじゃない。
上級生も含めた多くのメンバーがトイレに殺到し大行列を作っていたのだ。
真衣たち1年生は食事当番じゃないメンバーはコートの片付けをすることになっている。
そのため、トイレに着くのが他の人よりも遅くなってしまったのだ。

真衣は結局トイレに並べたものの個室には入れなかった。その前に食事の時間になってしまったのだ。
そこまで強い尿意じゃなかったので、食事の後にでも行けばいいやと思って諦めたのだ。
ただ食事をしていると多少なりとも膀胱の膨らみが気になってくる。
そんな状況の真衣だからこそ、双葉の異変に気づけたのだ。

「うん…練習の後からからずっと我慢してて。食事当番だったからいけなかった。」
「そっか…あと10分ぐらいだけど我慢できそう?」
「うん…頑張る。」

昼食の冷やし中華をほとんど食べられないまま双葉は泣きそうな顔でつぶやく。

双葉はもはや片手で抑えるだけでは足りず、両手であそこを抑えながら
なんとかギリギリの状態で我慢を続けていた。
「1年生だけ雑務をさせるってほんと意味わかんないよね。同じような厳しい練習なのに」
真衣は双葉をかばおうとぼそぼそ不満を言っていた。
双葉は泣きそうな顔で耐えているだけで真衣のことを気にする余裕がなかったのだが、
真衣はもう双葉に匹敵するぐらいの尿意を抱えていたのだ。

「ごちそうさまでした!」
食堂にその声が響くや否や、双葉と真衣は食堂を飛び出した。
本当は真面目な双葉は片付けもしっかり済ませてからトイレに行きたかったのだが、
真衣の「もうルールとかいいよ!今は双葉自身のこと考えて!」という強い勧めで一緒に先にトイレに向かうことにしたのだ。

女子トイレに向かう途中。
双葉はあまりの尿意にしゃがみこんでしまう。
じわじわじわ…。
少しおしっこをちびった。
真衣は心配そうに立ち止まり、そわそわと落ち着かない様子で双葉を見守った。
双葉は真っ赤になりながらもかかとで抑えて耐えた。
そんな双葉を何人もの先輩女子が追い抜いていく。
きっと彼女らが向かうところも双葉が今行きたくてたまらない場所だ。

このままじゃ…せっかく真衣に先に行かせてもらったのに…。
それに真衣も並ぶのが遅くなっちゃう。
双葉は必死の思いで改めてあそこに力を込めると、そろそろと立ち上がりトイレを目指した。

女子トイレに到着すると、2つの個室の前に7人の女子が並んでいた。
先輩が多い。みんなかなり切羽詰っているのかおしゃべりもせずただ耐えている。

双葉と真衣も急いで列に並ぶと、その後ろにすぐにまた先輩たちが並ぶ。
「みんなおしっこしたいの我慢してご飯食べてたんだなぁ。」
双葉は限界に近いのにも関わらずそんなことを考えながら我慢を続ける。
列の回転は幸いなことに早く、双葉はこのまま行けばなんとか間に合いそうだった。

もはや手を離すことはできず、足も強く交差して、今までの人生でしてきた我慢の中で一番露骨なもので、
双葉の顔は真っ赤だったが背は腹に変えられない。
必死になって耐えた。
双葉の二つ前の人が個室に入る。
後は双葉の前の歩美先輩が個室に入れば、次は双葉の番だ。
いよいよもうすぐ…
双葉は足交差だけでは足りず、もじもじもじもじと足踏みを繰り返す。

ふたつの個室からは水音が響いている。
ふたつとも和式トイレだからか、おしっこの音が響きまくっている。
並んでいる女子たちは、長い列と我慢に対するストレスでイライラはピークに達しようとしていた。

必死になって耐えていた双葉はふと片方の個室で水音が止んでいるのに気づいた。
もうすぐ出るのかな。そしたら次はあたしの番…。
しかしいつまでたっても水が流れる音は聞こえない。

「ガチャ」
「ごめーん、紙切れちゃった。ちょっと持ってきてー」ドア越しに声が聞こえる。
なんと紙が切れてしまったのだ。中の人は紙を渡さないと出てくれないだろう。

先頭の歩美先輩が振り返る。
双葉が嫌な予感がした。
「ごめん双葉!ちょっと宿の人に行って紙もらってきてくれる?」

予想通りの要求。
断ることもできずに双葉は目を伏せる。
「双葉!お願い!」
続けて声をかけてくる。

「でもあたし…」
「早くしてよ!どうせ誰かが行かないといつまでたっても開かないんだよ?」
歩美先輩のイライラが頂点に達したのか強い口調で言われてしまう。
「はい…いってきます。」
双葉は前から手が離せない状態のまま、トイレを出る。
幸いなことにトイレは1Fにあるので、階段を使うことなくフロントに行くことができた。
「あの…すみません。ちょっとトイレットペーパーが切れてしまったみたいで…」
受付のおばさんに双葉が切り出す。
「ああー、ごめんなさい。ちょっと待ってね。」
おばさんが後ろののれんをくぐりがさごそとペーパーの予備を探す。
一時ももじっとしていられない双葉は、そわそわと足踏みをしながら待つ。
「はい、お待たせ!」
双葉にとっては長い長い1分半だった。
ただ必死に耐えてなんとかお漏らしせずにトイレットペーパーを受け取ることができた。

片手で前を抑え、片手でペーパーを持って女子トイレに急ぐ。
相変わらず長蛇の列だ。
双葉はすみませんと言いながらもトイレの中に入っていく。

個室の前にはやはり先程双葉にペーパーを取りに行かせた歩美先輩が並んでいた。
「せんぱい…持ってきました。」
双葉はそっと歩美先輩に声をかける。
ふとその後ろを見ると並んでいたはずの真衣が…いない。どうしたんだろう?
「あ!ありがとう。」
歩美先輩は急いで受け取ると個室の上の隙間から中の人にペーパーを渡した。
これでやっとおしっこができる。
双葉は最後のひと踏ん張りと思い、ぎゅっと前を抑えたその時だった。

「あのさ、なんで双葉横入りしてるわけ?」
後ろから冷たい声が響く。
さっと振り向くと足を交差させた3年生の先輩が険しい顔をしてこちらを睨んでいた。
ザーーーーーーー。
後は拭くだけだった個室の中のひとが水を流す音が聞こえる。
歩美先輩がピタリとそちらの個室に張り付く。
「えっと、あたし元々ここに並んでて、紙がなくなっちゃったみたいなんでフロントまで取りにいってたんです。」
「そういうことを聞いてるんじゃないよ。今年の1年生はさ、先輩に先を譲るっていうことができないわけ!?」
いきなり怒り出す先輩。
状況がわからず、歩美先輩のことをちらっと見る。

実は双葉がペーパーを取りに行っている間、我慢の限界と双葉への理不尽により苛立ちがピークに達した真衣が歩美先輩を押しのけて空いた方のトイレに横入りしたのだ。

歩美先輩は少し俯いたまま歯を食いしばりながら全力で前を抑えて耐えていた。

「ガチャ」
双葉が紙を持っていった方の個室が開く。
歩美先輩が慌てて中に飛び込む。シャーーーーーーーー。
おしっこの音が響き渡る。
次はあたしだ。
双葉は状況がわからなかったので、怒っている先輩を一旦無視して個室の方に体を向けた。
後で状況がちゃんとわかってから謝ろう。あたしは別に悪いことはしてないし。
今はそれよりもおしっこ…。

「あのさ!聞いてるの!?」
後ろの先輩が思い切り双葉の肩を掴む。
「ひっ!」と声をあげて双葉は振り向く。
もうパンパンに膨らんでこれ以上余裕がなかった双葉の膀胱は一瞬の隙をついて、外への出口を見つけてしまった。
そうなった以上、これ以上我慢を続けるのは無理だった。
ジャバーーーーーーージャバジャバジャバジャバジャバ。
突如現れる黄色い滝。双葉の股間から一直線にトイレの床を叩く。
まるで下着などつけていないかのような激しいおしっこ。
一瞬硬直した双葉だったが、思わずしゃがみこんでしまう。
あたりに巨大な黄色い池がすごいスピードで広がっていく。
「うわっ!」
先輩もまさか漏らすとは思っていなかったのか慌てて後ずさりする。

ジャーーーーーー。ガチャ。
すっきりした顔で真衣が個室から出てくる。
目の前で黄色い池のなかでしゃがみこんでしまっている双葉を見ると目を見開いた。
「双葉!?」
真衣が慌てて駆け寄る。
双葉は真衣に抱きしめられるとわんわん泣き出した。

その間も、真衣がでてきた個室に次の人が入り、激しい放尿音を響かせるのだった。

関連記事

  1. 女子トイレ争奪戦シリーズ

    女子トイレ争奪戦〜とあるテストの1日〜

    「あーあ今日はテストかぁ大丈夫かなぁ、あたし…」瑠奈が沈ん…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP